KARABORIGAWA

-------------------------------「空堀川を考える会」を中心に”いい川づくり”(多自然川づくり)を進めていますが、「水循環基本法」施行に伴い、---------------------------------------- -- - 活動範囲を”いい流域づくり”へと拡げます。 漢字標記はイメージが悪いので、 英語表記にしました。
KARABORIGAWA TOP  >  野火止用水

玉川上水分水網第2回シンポジウム。無事終了!

2017.8.19
江戸東京博物館大ホールにて、
「玉川上水・分水網を生かした水循環都市東京連絡会」
(代表 山田正中央大学理工学部教授)主催の
「多摩から江戸東京をつなぐ水循環の保全再生 第2回シンポジウム」が開催され、多数のご出席を得て成功裏に終了しました。

ご出席頂いた皆さまに御礼申し上げます。
開会に先立ち、石井国交大臣、小池都知事からお祝いのメッセージに加え東大和市の尾崎市長、真如教育長からのメッセージも
披露されました。

内容は、2つの活動報告と2本の基調講演。
最後にシンポジウム提言の採択。

2つの報告は、
①玉川上水・分水網の保全活用プロジェクトのみたい遺産登録
  西村弘 玉川上水ネット代表
②日本橋の水辺再生への試み・取り組み
  山本泰人 日本橋水辺再生研究会代表 
基調講演は、
①江戸東京の発展と玉川上水・分水網
  眞下祥幸 江戸東京たてもの園学芸員
②多摩から江戸東京をつなぐ水循環の保全再生
  山田正 中央大学理工学部教授

多くの情報と示唆を頂いたすばらしいシンポジウムになったが、
これからが大事!
野火止用水としては、9/28の公開学習会に向けて
早速、環境課と内容についての協議をすることにした。
写真は、
①シンポジウムテーマ、②シンポジウムの実施体制、③未来遺産今後、
④100年後の子どもたちに、⑤次へのstep、⑥日本橋再生、
⑦再生への課題、⑧玉川上水の現状、⑨上水はどこまで、
⑩分水口サイズ、⑪上水の今後、⑫山田教授テーマ、
⑬山田教授、⑭通水のモデル計算、⑮シンポジウム提言。

①シンポテーマCIMG2448 (2)②シンポ実施体制CIMG2449 (3)③未来遺産今後CIMG2452 (2)
④100年後の子どもたちにCIMG2455 (2)⑤世界遺産へCIMG2456 (2)⑥日本橋再生CIMG2461 (2)
⑦再生への課題CIMG2462 (2)⑧歴史遺産の現状CIMG2468 (2)⑨どこまでが玉川上水CIMG2469 (2)
⑩分水口サイズCIMG2473 (2)⑪上水の今後CIMG2482 (2)⑫山田教授テーマCIMG2484 (2)
⑬山田教授CIMG2485 (2)⑭通水のための計算CIMG2491 (2)⑮4つの提言CIMG2493 (2)
[ 2017年08月20日 18:57 ] 野火止用水 | TB(0) | CM(0)

モーニングセミナー「未来遺産登録」

2017.6.23
久しぶりに商工会館で行われたモーニングセミナーに出席。
野火止用水ネットとしていつもお世話になっている「玉川上水ネット」
鈴木事務局長が「未来遺産から世界遺産へ」との演題で講演されると
聞いたからである。
玉川上水分水網を世界遺産へとして登録を狙う目的。
そのためにまず、未来遺産を狙った理由。
二十数団体が申請した中で登録決定5団体に一発合格した理由。
などを語って頂いた。
「玉川上水・野火止用水ネットワーク東大和」として、
子どもたちにこの歴史的文化遺産をしっかり伝えていかなければ
ならないと改めて気を引き締めたすばらしいセミナーであった。
講演後の講師を交えた朝食会も、会話が弾み楽しいひと時であった。
①今回の演題、②鈴木講師、③未来遺産決定の要因。
①CIMG2004 (2)②CIMG2005 (2)③CIMG2009 (2)
[ 2017年06月30日 10:49 ] 野火止用水 | TB(0) | CM(0)

野火止用水文学散歩

5017.5.16
東やまと観光ガイドの会として、A先生の解説で行われた。
作者の黒井千次や登場人物の玉川上水や野火止用水に対する
思いも伝わり、小説の秋とは異なる季節ではなったが
小説の雰囲気を味合うことができ、A先生には感謝したい。

一方、「野火止用水ネットワーク東大和」の会員としては、
改めて、この流れを見て、何とかしたいとの思いになった
ひとときでもあった。
帰り際に、「ホタルの里」づくりに尽力しているM氏とも
話を交わしたが、この事業を少しでも前に進めたいと
の思いを一層強くした。
①小平監視所②野火止用水案内板③玉川上水案内板
④玉川上水復活碑⑤玉川上水の流れ⑥野火止用水復活碑

①小平監視所CIMG1802 (2)②野火止案内板CIMG1803 (2)③玉川上水案内板CIMG1804 (2)
④玉川上水復活碑CIMG1805 (2)⑤上水の流れCIMG1806 (2)⑥野火止用水復活碑CIMG1819 (2)
[ 2017年05月22日 10:38 ] 野火止用水 | TB(0) | CM(0)

未来遺産登録記念講演会

2017.5.14
玉川上水分水網保全プロジェクトの未来遺産登録を
記念しての講演会が日比谷公園・みどりのiプラザで
開催された。
これは、玉川上水ネット総会に先立ち行われる
基調講演として位置づけられたもの。
①最初は、千葉大の木下剛准教授の
 「水循環の見える化と地域環境のデザイン」。
②2本目は、元日大客員教授細身寛氏の
 「緑と親しむ水循環都市東京を目指して」。

いずれも我が意を得た内容。
満足の行く講演ではあったが、実現への道のりは遠く険しい。
やらなければならないことが多いが、めげてはいられない。
①講演次第と登録証、②テーマ、③木下講師、
④見える化例、⑤細見講師、⑥水循環構想図。

①講演会次第と登録証CIMG1709 (2)②基調講演①CIMG1746 (2)③木下講師CIMG1771 (2)
④見える化CIMG1772 (2)⑤細身講師CIMG1786 (2)⑥水循環図CIMG1794 (2)
[ 2017年05月18日 17:03 ] 野火止用水 | TB(0) | CM(0)

玉川上水分水網展示会

2017.5.9
玉川上水分水網保全プロジェクトの未来遺産登録を記念しての
展示会である。
昨年10月の都庁・都政ギャラリーでの展示は未来遺産登録を
期してのものだったが、
今回は登録を記念して更に充実させたもの。
5月26日(金)が最終日。ぜひ、ご来場頂きたい。
下の写真は、ほんの一部。
①分水網全図、②武蔵野台地と分水網、③分水網と文化財。

①分水網全図CIMG1602 (2)②武蔵野台地と分水網CIMG1624 (2)③分水網と文化財CIMG1618 (2)
[ 2017年05月18日 09:26 ] 野火止用水 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ogublog65801

Author:ogublog65801
写真:カルガモ(空堀川・狭山橋付近)
<私のプロフィール>
1.ボランティア
①空堀川を考える会
②柳瀬川空堀川流域連絡会
③緑のボランティア
④廃棄物減量等推進員
⑤ふれあい市民運動会実行委員
⑥環境市民の集い・実行委員会
⑦奈良橋6・6防災会
⑧東大和防犯協会
⑨東大和・市民の声をとどける会
⑩東大和・市民ネット
⑪東大和・エネルギーの会
⑫東大和観光ガイドの会
⑬玉川上水・野火止用水ネットワーク東大和
⑭まち連(まちおこし連絡会)
⑮明るい選挙推進委員会
2.趣味
①サッカー/所沢市社会人サッカー連盟
②茶道/表千家
3.専門
①ISO品質マネジメントシステム
②危険物取扱者
4.所属
①一般社団)日本品質管理学会
②公益社団)日本河川協会
③NPO法人)全国水環境交流会

最新トラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
6908位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
265位
アクセスランキングを見る>>