FC2ブログ

KARABORIGAWA

-------------------------------「空堀川を考える会」を中心に”いい川づくり”(多自然川づくり)を進めていますが、「水循環基本法」施行に伴い、---------------------------------------- -- - 活動範囲を”いい流域づくり”へと拡げます。 漢字標記はイメージが悪いので、 英語表記にしました。
KARABORIGAWA TOP  >  空堀川 >  空堀川流域連絡会源流視察

空堀川流域連絡会源流視察

2016.7.8
第8期柳瀬川空堀川流域連絡会第2回が現地視察会として開催された。
新委員が多いことから、まず、川の現状を視察し理解するところから
始めようという意味がある。
特に、川の始まりである源流域を理解することは特に大事である。
この日は、それほどの暑さにならず、まずまずの天候で助かった。
最初に「武蔵村山市立歴史民俗資料館」で源流域の歴史と縄文遺跡などの
解説を受け、古代の人々と水との関わりや地層と古多摩川や空堀川との
関係、流域図の分水嶺の位置関係
などの基礎知識を得た。
いよいよ細い暗渠となっている空堀川を辿りながら谷戸の水源を経て分水嶺の
六地蔵供養塔
を確認。
分水嶺付近を下りながら、湧水の出る場所としての滝の入不動尊、長圓寺、
横田トンネル、赤坂トンネルを経由して大多羅法師井戸、番太池、赤坂池
見て、武蔵村山河道内調節池を確認し、武蔵村山市役所で意見交換を行い、
無事終了した。
この源流域視察で、多くの谷戸には棚田があったこと、そこから流れ出る
清らかな水で村山大島紬の糸を洗っていたことがよく理解できた。
歴史を知ることで、空堀川の源流域は細いながらもきれいな水が
途切れずに流れていた
ことが想像される。
明治に入り西欧文化を取り入れたことにより、江戸の頃の「山川掟」が
無視され

また、昭和の高度経済成長期に谷戸の開発が一気に進み
湧水の個所と量が失われていったことも想像できる。
空堀川の名前はごく最近に名付けられたと聞く。

歴史から学び、川らしい川の姿を取り戻したいと思うが・・・。
このような思いは幻想に過ぎないのか・・・。

写真は、①谷戸の源流、②分水嶺の六地蔵、③六地蔵付近の図、
④源流となる多くの谷戸、⑤大多羅法師井戸、⑥番太池、
⑦河道内調節池(蛇行する現河川と河道となる調節池の交差)

20160708①源流CIMG891320160708②六地蔵塔CIMG892320160708③六道山公園案内板CIMG8926
20160708④丘陵の谷戸CIMG8932 - コピー20160708⑤大多羅法師井戸CIMG893820160708⑥番太池CIMG8942
20160708⑦河道内調節池CIMG8954 by Oh!Sun!(お~さん!)
[ 2016年07月11日 17:07 ] 空堀川 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Oh!Sun!(お~さん!)

Author:Oh!Sun!(お~さん!)
写真:カワセミ(空堀川・宮前一の橋付近)
<私のプロフィール>
1.ボランティア
①空堀川を考える会
②柳瀬川空堀川流域連絡会
③緑のボランティア
④空堀川・川まつり市民会議
⑤ふれあい市民運動会実行委員
⑥環境市民の集い実行委員会
⑦奈良橋6・6防災会
⑧東大和防犯協会
⑨東大和・市民の声をとどける会
⑩東大和どっとネットの会
⑪東大和エネルギーの会
⑫東やまと観光ガイドの会
⑬玉川上水ネット
⑭玉川上水野火止用水NW・東大和
⑮まち連(まちおこし連絡会)
⑯明るい選挙推進委員会
⑰オオムラサキ増やし隊
⑱多摩湖音楽祭実行委員会
⑲奈良橋自治会
2.趣味
①サッカー/所沢市社会人サッカー連盟
②茶道/表千家
3.専門
①ISOクウォリティマネジメントシステム
②危険物取扱者
4.所属
①一般社団)日本品質管理学会
②公益社団)日本河川協会
③NPO法人)全国水環境交流会
④NPO法人)空堀川に清流を取り戻す会

最新トラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
2056位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
109位
アクセスランキングを見る>>