FC2ブログ

KARABORIGAWA

-------------------------------「空堀川を考える会」を中心に”いい川づくり”(多自然川づくり)を進めていますが、「水循環基本法」施行に伴い、---------------------------------------- -- - 活動範囲を”いい流域づくり”へと拡げます。 漢字標記はイメージが悪いので、 英語表記にしました。
KARABORIGAWA TOP  >  感銘

福岡伸一「芸術と科学のあいだ」

2015.4.12
日経日曜版のタイトルのコラムを愛読している。この日のテーマは、「世界の階層構造、10の累乗で示す」である。
身近なところから、宇宙空間、そして、体内のミクロ圏までを映像化したショートフィルムの紹介である。
10の累乗は「パワーズ・オブ・テン」というのだそうで、このショートフィルムのタイトルがそれである。
そして「宇宙から原子核まで世界には、階層構造がある。人間が感知できるのはこのうちわずかなスリット(切れ目)しかない。マクロを形作るミクロな世界の中に、マクロの世界と同じ構築原理が無限の入れ子構造として内包される。」と述べている。
この世界観を大事にしたい。

以前に「鳥の眼、虫の眼」ということを聴き、さらに「歴史の眼」「自分を客観視する眼」を加え、私は勝手に「四つの眼」と言っているが、改めて、そのことを考えさせられた。
写真は、日経の記事。
2015_0414_090453-CIMG4887福岡伸一
by Oh!Sun!(お~さん!)
[ 2015年04月14日 09:40 ] 感銘 | TB(0) | CM(0)

「生活」と「生存」

2015.3.25
東京新聞夕刊の森村誠一の連載「この道」が面白い。
この日は、タイトルにした「生活」と「生存」について、触れている。
記事では
「自然災害は突然発生し、平和な日常から、生存のどん底に突き落とす。それに対して、戦争は長期にわたりやすく、交戦中の国民は、馴れてしまう。つまり、戦時の生存が生活になる。」と述べている。
私の理解としては⇒「生存」への対処と「生活」への対処は、全く異なることであり、災害の復興過程では、生存と生活を混同せずに、生存から生活への変化をよく観てきめ細かい対処・対応が必要であろう。ということである。
避難所生活や災害ボランティアで活かしたい大事な視点である。
写真は、記事の一部。
2015_0326_142655-CIMG4622森村誠一
by Oh!Sun!(お~さん!)
[ 2015年03月26日 14:54 ] 感銘 | TB(0) | CM(0)

谷川俊太郎トークショー

20152.22
中央公民館ホール定員400席が満席になった。
谷川俊太郎という偉大な詩人のネームバリューなのであろうが、
企画次第で整理券を発行するほど、行列ができるほどに人が
集まるとは、スゴイ!

この日は「ことば」というもの、「ことばの力」「ことばによる表現力」などを
改めて考えさせられた。
最近は、技術の進展で映像が気軽に扱うことができるようになったが、
「ことばの力」を再確認し、その使い方に十分な配慮が必要であろう。
映像とことばの特徴を活かした使い方が問われている。
そんな感想を持った楽しいひと時であった。
写真は①プログラム表と谷川氏作詞の五小校歌、②プログラム裏、③谷川氏を囲み校歌を歌った五小生、④トークショー、⑤質問に答える谷川氏、⑥朗読した「ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ」。
2015_0222_231920-CIMG4345①谷川俊太郎トークショープログラム12015_0222_233200-CIMG4348②谷川俊太郎プログラム22015_0222_141617-CIMG4338③谷川氏と五小生
2015_0222_142255-CIMG4339④トークショー2015_0222_142456-CIMG4340⑤谷川氏2015_0222_144129-CIMG4343⑥ぽぱーぺぽぴぱっぷ by Oh!Sun!(お~さん!)
[ 2015年02月23日 11:46 ] 感銘 | TB(0) | CM(0)

重久吉弘氏(日揮G代表)の私の履歴書

2015.2.12
日揮G代表の重久吉弘氏の日経「私の履歴書」が面白い。
この日の冒頭の言葉に感銘を受けた。
 1973年10月の第1次石油ショックの時のもの。
「大きな構造変化は小さな予兆を示しながら、ゆっくりと進行し、最終的には非連続的な変化として私たちの前に突然、姿を表す。」
 社会的な構造変化、温暖化などの地球規模の気候変動、地震・噴火などの自然災害を含め身の回りには、危機感や鋭い感性を磨いて対処しなければならない多様な事象が取り巻いていることを忘れてなならない。
 大いなる警告と理解する。
写真は、日経「私の履歴書」欄。
2015_0212_144036-CIMG4290重久吉弘日揮G代表
by Oh!Sun!(お~さん!)
[ 2015年02月12日 15:54 ] 感銘 | TB(0) | CM(2)

ピケティ!

2015.2.3
 NHKのTVで、来日した仏・新進の経済学者トマ・ピケティを取りあげていた。
経済的格差拡大の構造、トリクルダウンのまやかしなど改めて考えさせられる。
 格差は社会を不安定にする。格差縮小のためには、富の透明性を高める必要があると言い、「グローバル累進資本税」を提案する。
写真は、①トマ・ピケティ(43歳)、②世界的ベストセラー「21世紀の資本」、③戦時を除き資本収益率は常に経済成長率を上回り格差を増大させる、④日経新聞記事。

2015_0203_004717-CIMG4157①
2015_0203_004416-CIMG4147② 
2015_0203_004658-CIMG4155③
2015_0205_105557-CIMG4187.jpg
by Oh!Sun!(お~さん!)
[ 2015年02月11日 18:11 ] 感銘 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Oh!Sun!(お~さん!)

Author:Oh!Sun!(お~さん!)
写真:カワセミ(空堀川・宮前一の橋付近)
<私のプロフィール>
1.ボランティア
①空堀川を考える会
②柳瀬川空堀川流域連絡会
③緑のボランティア
④空堀川・川まつり市民会議
⑤ふれあい市民運動会実行委員
⑥環境市民の集い実行委員会
⑦奈良橋6・6防災会
⑧東大和防犯協会
⑨東大和・市民の声をとどける会
⑩東大和どっとネットの会
⑪東大和エネルギーの会
⑫東やまと観光ガイドの会
⑬玉川上水ネット
⑭玉川上水野火止用水NW・東大和
⑮まち連(まちおこし連絡会)
⑯明るい選挙推進委員会
⑰オオムラサキ増やし隊
⑱多摩湖音楽祭実行委員会
⑲奈良橋自治会
2.趣味
①サッカー/所沢市社会人サッカー連盟
②茶道/表千家
3.専門
①ISOクウォリティマネジメントシステム
②危険物取扱者
4.所属
①一般社団)日本品質管理学会
②公益社団)日本河川協会
③NPO法人)全国水環境交流会
④NPO法人)空堀川に清流を取り戻す会

最新トラックバック

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1888位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ゆとり世代
104位
アクセスランキングを見る>>